修羅のみち 

他人の不幸は蜜の味…でしょ?

未分類

人生年表

投稿日:

人生の年表をつくってみる。

長い、つまらない。

でも、自己満足。

私は、かっこよくなりたくて、ドベから這い上がりたくて、戦うのが好きなようだ。

好きなものを、好きということが恥ずかしいと思っていた、今でも思ったりするけど、前よりは好きなものを好きといえるようになったと思っている。

◆幼稚園児のとき

 ・恐竜に魅了されて、研究する人になりたかった

◆小学生のとき

 ・わりと勉強は好きだった、ある程度の勉強ができたからかもしれない

 ・親のススメで水泳を始めて、6年間続けた

 ・字が汚すぎて、書道教室に5年間、卒業まで続けさせられた

 ・弟が始めたいと言い始めた少年野球に、無理やり突っ込まれた、卒業までは続けた

 ・運動はそこそこ好きで、苦手意識は無かった

 ・強くはなかったけど、ゲームが好きだった

 ・アニメ全盛期だったと思う、TVのゴールデンはほとんどアニメだった、好きだった

 ・漫画も読んでた、親の趣味だと思うけど、ブラック・ジャックだった

 ・不自由を感じたことはなかった

 ・イジメるか、イジメられるか、圧倒的に後者

◆中学生のとき

 ・野球は自分にセンスを感じなくて辞めた

 ・男の子らしい、不純な理由でバスケ部に入ろうと思った

 ・なぜか父親もバスケ部は賛成だった

 ・公立の中学校だけど、最寄りが荒れていて、ちょっと遠めのところだった

 ・最初の定期考査(テスト)で学年2位だった、マジでびっくりした

 ・結果として学力、テストの点数、は良い方だった。最後まで2位止まりだったけど

 ・バスケはうまくなれなかったと思う、下手なままだった

 ・目が悪くなってコンタクトレンズとメガネが必要になった

 ・浮いた話は無かった、どちらかといえば、キモがられる方が多かった

 ・イジメられることも多かったと思う

 ・ませたガキで、学校の勉強が嫌いになった、学校の先生に対して疑問が湧き始めた

 ・漠然と医師になりたいような気持ちがあった

◆高校生のとき

 ・公立の高校へ進学できた、弟・妹がいて私立に行くなら授業料免除以外は選択肢にない

 ・勉強は全然ダメな方になった、井の中の蛙だったことを知った

 ・医師は無理だと悟った、

 ・化学だけ感動して好きになった、サイエンティストが夢と言ったら聞こえはいいかな

 ・バスケは続けた、同期は一生モノ

 ・でもバスケは上手くならなかった

 ・正直、あんまり何があったか覚えてないんだよね

 ・彼女ができることも無く終わる

◆大学生のとき

 ・理学部化学科に現役進学

 ・でも大学院に行くか、就職かを1年生で考え、テスト勉強はしなくなった

 ・不純な理由でダンスサークルに入った

 ・バイトも飲食や日雇い含め、それなりにした

 ・ダンス界隈こそが自分の世界の全てだった

 ・大学時代の思い出がダンスとバイトしか思い出せない

 ・大学3年生で初めて彼女ができた

 ・このへんで人生初のモテキってやつだったんだと思う

 ・就活も終わって、有頂天だった

 ・夢は平凡なサラリーマン生活と結婚だった

◆社会人1年目~2年目のとき (2014~2015年、23~24才)

 ・食品メーカーに法人営業で入った

 ・有頂天から堕ちた、自分の世界が通じなかった

 ・ダンスだけは楽しかった

 ・仕事は頑張ってるつもりだった、つもりだったのだ

◆社会人3年目のとき (2016年、25才)

 ・仕事が頑張ってるつもりなことに気が付けた

 ・労働組合での活動も本格的になった

 ・不動産投資を始めた

 ・ダンスにもエネルギーが懸けられた

 ・彼女がいない一年間だった

 ・30才の自分を想像していた、焦った

◆社会人4年目のとき (2017年、26才)

 ・未だに仕事が頑張ってるつもりなことを認識した

 ・でも、仕事が充実し始めた

 ・労働組合でも中核を担う存在になった

 ・一人暮らしを始めた

 ・彼女ができた

 ・ダンスも全力を捧げられて楽しかった

 ・不動産投資で2部屋目を購入した、借り入れが与信限界になった

 ・サラリーマン、辞めようと思ってた

◆社会人5年目のとき (2018年、27才)

 ・仕事は最高に忙しかった、でも最高に楽しかった

 ・売り上げは担当分で翌年度に前年対比+2億円以上、前年比160%まで伸びた

 ・労働組合では未来を考える立場になった

 ・新しい挑戦を探した

 ・ダンスも楽しんだけど、時間を減らした

 ・彼女には振られた、振ってほしかった

◆社会人6年目のとき (2019年、28才)

 ・フィリピンでボランティア活動をすることになった

 ・英語を勉強して、タガログ語を諦めた

 ・自分の世界が狭いことを知った

◆社会人7年目のとき (2020年、29才)

 ・日本へ戻ることになった

 ・今に至る

以上

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TOEICへの葛藤

今の私の葛藤について、お話しさせてください。 シレっと元々働いていた職場に復帰して早3ヶ月。。一応、業務命令的な位置付けでフィリピンに行って約一年。実質的にフィリピンにいたのは7か月だけで、3月に帰国 …

不動産投資の収益を説明します【実績も公開】

おはようございます。前回の記事で不動産投資の収入と支出について解説しました。なので今日は、収入と支出から月毎と年での収益について、私の実例込みで解説しようと思います。 前回の記事はこちらからどうぞ! …

ボランティアこそお金は稼ごう

今回は私が昨年からボランティアとしての活動を行った中で、強く感じたことに関して書いていこうと思います。 近年では、2020年の東京オリンピックに向けたボランティアなどでボランティアというものを耳にする …

no image

まずは、やってみる

なんでこんなことを始めようと考えたのか、忘れてしまった。 何か変化が欲しい、という私の中の衝動的で本能的な欲求が多分、そうさせたのだと思う。 思い返すと、平凡ではない人生だ。 正確には、平凡だしそんな …

28歳、不動産投資5年目の実績を公開します!

昨日の記事でいろいろと経験を書きましたが、実際のところ、赤字だらけなんじゃ…とか思ってしまうので、実績を公開します。 本業:サラリーマン収入 本業のサラリーマン収入は6年目で400万円台で …