修羅のみち 

他人の不幸は蜜の味…でしょ?

未分類

未来の学校教育は?

投稿日:2020年5月1日 更新日:

学校の9月学期スタートについて、様々な意見が飛び交う中ですが、以前にも書いた通り、私はこの流れが進み、実施されることを願っている人です。誰のための教育であるか、という部分を中心とした議論によって判断されることを祈っています。

さて、制度よりも更に踏み込んだ、私が思う未来の学校教育に関して、今日は考えてみようと思います。

結論から言うと、学校における授業はマスター授業データによるデジタル化に加えて、現場教師によるフォローアップに進むべきではないか、と考えています。また、学校というコミュニティにおいて、コミュニケーション等も学べるような環境になってほしいと思っています。

まず、授業に関してですが、現状の教科書に沿った各教師個々人の授業展開というスタイルを公立学校で行うことは、非効率的で不公平感があると思います。学習内容に合わせて教師ひとりひとりが試行錯誤すること自体は素晴らしいことだと思いますが、生徒側、つまりはユーザー側の立場から想像すると、誰が授業しても最高レベルの授業であってほしいですよね。そのためにマスター授業をデータ化して、授業では流す。教師は教室内で生徒の個別フォローアップや質疑に応じた方が教師の実負担が軽減されるうえに、生徒ひとりひとりを見ることができる時間も物理的に増えるように感じます。

もちろん、小学校低学年の生徒が授業に集中できるようにすることは実際に現場で人が介入した方がよいと思いますが、この場合にも生徒を集中させることに注力できるので、効率的で良いように感じました。生徒ひとりひとりに割くことができる時間やエネルギーという教師のリソースを最大化することで、日本の教育レベルが向上することは、国際競争力を高めることにも繋がるのではないか、と思ってしまいます。

マスター授業に関しては、一つの内容に対して複数のアプローチによる教え方があれば、クラス内の習熟度や得意不得意に合わせた選択を教師がすることで、汎用性も高まります。生徒の習熟度アンケートやテストによってマスター授業に関しても改訂・レベルアップさせることができれば、時代背景に合わせた柔軟性すら見出すことができるシステムになるのではないか、と思っています。

次にコミュニティとしても学校ですが、こちらはやはり集団生活や社会生活を理解するうえで欠かすことのできない重要な教育です。前述のマスター授業活用をしたとしても、自宅学習に全て代替することは望ましくないと考えていることから、こちらのコミュニティとしての学校教育は必須と思っています。また、国際社会との関りにおいても、日本という国は必ず必要となる部分であるため、コミュニケーション能力の一層の強化の重要性を認識していただきやすくなるのではないかと思っています。

少々脱線しますが、私が営利企業の法人営業として5年間の後に、経済後進国と呼ばれるフィリピンの所謂田舎町で半年以上ボランティアとして活動をした中で、日本人のコミュニケーション能力が足りていない、ということを痛感しました。拙いながらも法人営業の畑で5年間過ごしたので、日本人の平均レベル程度のコミュニケーション能力があると思っていましたが、フィリピンで出会った現地の方々や他の国の方々と対話する中で、日本のレベルと海外・世界のレベルというものは大きく乖離があるように感じました。この経験から初等教育からコミュニケーション能力に関して学びがあることが必要ではないか、と考えるようになりました。

近年の日本では、思いやりや他社への理解といった点で問題となる言動が取りざたされていますよね。例えば、医療従事者への心無い誹謗中傷、ドラッグストア店員への暴言、運送業従事者への冷遇など、挙げたらキリがないです。こういった部分の根底にコミュニケーション能力というものも関連していると考えています。今の日本における生活は、目に見えないたくさんの方々の弛まぬ努力によって成り立っている、蝶の羽ばたきがどこかで嵐を起こしてしまうかもしれない、ということを理解する場としても学校が寄与できると良いのではないかと思います。もちろん、家族や地域といったコミュニティも大切ですが。

というわけでまとめますが、学校教育はマスター授業データによるデジタル化に加えて現場でのフォローアップというシステムへの変更と、学校というコミュニティにおけるコミュニケーションの学びになっていってほしいと思っています。

最後までご覧くださいましてありがとうございます!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

学校の9月開始は実現できるか?

ニュースでも取り沙汰されている、日本における学校の9月学期開始について、考えてみようと思います。 まず、私個人としては是非9月学期スタートに向けて進んでほしいと思っています。 理由としては、国際基準に …

不動産投資で「やってしまった」話

おはようございます。今回は私の「やってしまった」失敗談を赤裸々に公開したいと思います。初っ端の物件を購入した際の考え方が、甘々であったことが全ての原因です。ですが、この失敗があったからこそ2つ目の物件 …

不動産投資の収入と支出を説明します!

おはようございます。本日は不動産投資における収入と支出を実際に購入し、今現在もオーナーとしても活動している私が解説していこうと思います。恐らくですが、実際に投資用の不動産を購入している、という方は少な …

採用面接に遅刻して内定を獲得する方法とは…

就職活動や転職活動、アルバイトの採用面接など就職をしようと思ったときに誰もが通る関所、それが採用面接だと思っています。書類やテスト等の選考を通過してようやく到達した最後の難関。絶対に受かりたい!!と思 …

ボランティアこそお金は稼ごう

今回は私が昨年からボランティアとしての活動を行った中で、強く感じたことに関して書いていこうと思います。 近年では、2020年の東京オリンピックに向けたボランティアなどでボランティアというものを耳にする …